ホーム

シャッターはカメラの基本性能を左右する大切な要素。

20156271

シャッターは、レンズを通ってきた被写体の光を撮像素子に当てたり、遮断したりするシステムのことです。

 

またシャッターは、写真の仕上がりの基本要素である露出を決める重要な要素でもあります。

 

以前のフィルムカメラ全盛の時代では、シャッターは1枚の扉の開閉スピードによってシャッターの露出を決定していました。

 

現在のデジタル一眼レフカメラでは、シャッターは非常に軽い素材で出来た数枚の羽根で構成されており、この数枚の羽根を順番に開閉することによって露出を決定しています。

 

 

シャッターの種類

カメラの種類によってシャッターの種類も異なっています。

 

シャッターの種類には、主なものとしてフォーカルプレンシャッターとレンズシャッターの2通りの機構があります。

 

フォーカルプレンシャッター

レンズ交換式の一眼レフカメラに多く採用されているシャッター機構で、フィルム又は撮像素子の直前に配置されています。

 

 

一眼レフ2

 

 

フォーカルプレンシャッターは、レンズとは離れた位置に配置されていますので、レンズ交換式の一眼レフカメラに採用されています。

 

フォーカルプレンシャッターは、超高速に動作するシャッタースピードに対応するために考え出された方法で、数枚に分割した2群の遮光板を高速で移動することによって実現しました。

 

レンズシャッター

レンズシャッターは、レンズ固定式のコンパクトカメラに使用されていますが、レンズの中に配置されています。

 

 

一眼

 

 

レンズシャッターは絞り機構の近くに配置されますが、コスト面で絞りと共用しているタイプのものが多くなっています。

 

 

シャッター速度

 

シャッター速度は、シャッターの開閉に使用される遮光板の移動速度ではなく、シャッターが開いている時間のことをいいます。

 

1 2 3 33
スポンサードリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
一眼レフカメラ上達講座
カメラ通販




楽天
amazon