ホーム

一眼レフカメラの特徴

一眼レフカメラの特徴としては、上面に五角形のペンタプリズムがあり、これを使ってファインダーに光を導きます。

 

img_2700-4[1]

 

したがって、一眼レフカメラは形状的にはどれもおよそ同じ形状をしています。

 

また、基本的に一眼レフカメラは、本体とレンズは別々のものとなり、基本的には一眼レフカメラにはレンズは付いていません。

 

したがって、本体のことをボディと呼んでレンズと区別しています。

 

ただ一般的には、ボディに標準ズームレンズ等をセットにして販売されているようです。

 

もちろんボディのみの購入も可能であり、レンズの種類も多くあり、ボディとレンズの組み合わせを自由に選ぶことが出来ます。

 

 

デジタル一眼レフカメラの場合は、ボディの中にデジタルカメラで重要な撮像素子、画像処理回路、オートフォーカス機構、自動露出制御機構、測光機構、ミラー、ペンタプリズム、シャッター機構等の重要なものが全て入っています。

 

また一眼レフカメラの特徴として、ファインダーで見ている像は実際に撮影レンズを通ってきた光によってファインダースクリーン出来た像になりますので、ファインダーで見たままが写ることになります。

 

ただし、ファインダーの視野率によって多少変わってきます。

 

 

itigan-2[1]

 

 

それと一眼レフカメラの一番の特徴は何といってもレンズ交換が出来るということではないでしょうか。

 

レンズには、望遠、広角、マクロなど大変多くの種類がありますので、いろいろな写しかたを楽しむことが出来ます。

 

201411051[1]  201411052[1]  201411053[1]

望遠レンズ           マクロレンズ         広角レンズ

 

 

また、高速シャッターを使うことができるのも特徴の一つです。

 

カメラ本体、交換レンズ以外にも多くのアクセサリーがありますが、一眼レフカメラはそれらのほとんど全てを使うことができます。

 

 

一眼レフカメラの特徴として、レンズ交換が出来るのですが、これは同じメーカーのレンズ、あるいはレンズ専門メーカーのレンズのみ交換が可能になります。

 

カメラ本体のメーカーとレンズのメーカーが違う場合は交換できません。

 

これは、カメラボディのレンズを装着するレンズマウントがメーカーによって異なっているためです。

 

201412141[1]

キャノンレンズマウント

 

一眼レフカメラ

一眼レフカメラは撮影レンズを通ってきた光がファインダーに届く仕組みとなります。

 

レンズは撮影レンズの一つのみですので「一眼」、撮影レンズを通ってきた光をファインダーまで導くのにミラーやプリズムを使っていますので「レフ」となり、したがって一眼レフカメラとなります。

 

 

itigan[1]

 

一眼レフカメラでは、撮影レンズを通ってきた光をミラーで反射をして、プリズムの下にあるファインダースクリーンに像を写し出します。

 

ファインダースクリーンに写し出された像をその上にあるペンタプリズムを通してファインダーで見るようになります。

 

シャッターボタンを押すと、ミラーが跳ね上がり、シャッターが開き、撮影レンズを通ってきた光が撮像素子、又はフィルムに像を結びます。

 

デジタルカメラ

フィルムカメラの場合は、プロの方や、一部のマニアの方以外の方は、撮り終えたフィルムを写真屋さんに持っていって現像してもらわなくてはいけませんでした。

 

私もそうですが、昔からカメラで写真を撮ることが好きだったので、写真屋さんにはしょっちゅう通っていました。

 

写真屋さんとも顔なじみとなり、写真の撮り方などについていろいろアドバイスももらいました。

 

でも出来上がるまでには数日はかかりますし、出来栄えも写真を見るまでは分かりません。

 

 

しかし、デジタルカメラが主流となった現在では、写真の撮影からプリントするまでの全ての工程を自分一人で出来るようになりました。

 

これはカメラの楽しみ方を何十倍にも何百倍にもしたのではないでしょうか。

 

子供から大人まで、女性も男性もだれもが容易にデジタルカメラを楽しむことが出来ます。

 

これは、デジタルカメラの急速な発展によることはもちろんですが、あわせてパソコン、プリンター、携帯電話等の急速な発展も大きくかかわっています。

 

 

現在はデジタルの時代です。

 

デジタルが全てではありませんが、それらを上手に利用することによって、仕事や生活、遊びなどの広がりを大きくすることが出来るように思います。

 

ぜひデジタルカメラを楽しみの中のひとつに加えてみてください。

カメラの種類

カメラの種類については、分け方によっていろいろあります。

 

① 記録方式  フィルムカメラ  デジタルカメラ
② レンズの数  一眼  二眼
③ レフの有無  一眼レフ  一眼(ミラーレス)
④ フィルムのサイズ  普通  中判  大判

 

現在では、一般の私たちが使うカメラとしては、デジタルカメラの 一眼の 普通 ということになります。

 

1、フィルムカメラとデジタルカメラ

 

現在ではデジタルカメラを使われている方が多いと思いますが、プロの方や、愛好家の方には現在でもフィルムカメラを使われている方は多くおられます。

 

プリントのしやすさ、インターネット利用を考えれば、デジタルカメラのほうが良いでしょう。

 

img_2697-3[1]    img_2700-3[1]
フィルム式一眼レフ キヤノン T90      デジタル一眼レフ キヤノン EOS 5D MarkⅢ

 

2、一眼と二眼

 

現在のカメラは、レンズ交換式カメラもコンパクトカメラも一眼カメラですが、以前のカメラには二眼カメラもありました。

 

二眼カメラは正面にレンズが上下に2個有り、下に有るレンズが撮影レンズとなり、上にあるレンズがレフを使用して上面のファインダーに像を結びます。

 

img_2679-3[1]二眼レフカメラ

 

レフを利用して光をファインダーに導きますので二眼レフカメラとなります。

 

二眼レフカメラは1950年頃に人気があり、多くのメーカーが製造しましたが、一眼レフカメラには勝てず、現在はほとんど二眼レフカメラは製造されておらず、一眼カメラが主力カメラとなります。

 

3、レフの有無

 

レンズを通って入ってきた光をファインダーに導きますが、導く方法にレフを利用するか、利用しないかの二通りの方法があります。

 

レフというのは、反射板のことですが、利用するカメラの場合、通常はミラーやプリズムを利用してレンズから入ってきた光をファインダーに導きます。

 

レフを使用しない場合は、構造的には簡単になりますし、ミラーやプリズムを必要としませんので、全体的に小さくボディの厚みも薄くなります。

 

・レフを使用しているカメラ:一眼レフカメラ、二眼レフカメラ
・レフを使用しないカメラ:一眼カメラ(ミラーレスカメラ)、コンパクトカメラ

 

4、フィルムのサイズ

 

・大判カメラ

 

一般的に使われているフィルムの巾は35mmですが、それよりもかなり大きく、縦が4インチ~8インチ、横が5インチ~10インチの大きなシート状のフィルムを使うカメラを大判カメラといいます。

 

主に業務用で、大きな広告用の写真などの撮影に、スタジオなどで使用されています。

 

・中判カメラ

 

大判カメラで使用するフィルムと私達が一般に使用している35mmフィルムの中間的な大きさのフィルムを使用するカメラです。

 

携帯性をもちながらも大きなサイズのフィルムが使えるカメラです。

私のカメラコレクション

私はカメラが好きで、長年カメラを楽しんでいる内にカメラの数もだんだんと増えてきました。

 

特にデジタルカメラの進化は非常に早く、次々と高性能のデジタルカメラが出てきます。

 

新しいカメラが発売されると、それまで使っていたカメラを手放す方もおられますが、私は使ってきたカメラには愛着があり、手放さずにそのまま取ってあります。

 

したがって、フィルムカメラはもう使わなくなりましたが、そのまま残してあります。
また、肉親、知人から譲り受けたカメラも沢山あります。

 

これを見ていると、なんだかカメラの歴史を見るようで捨てがたいものです。

 

 

IMG_2679-2

私の父が愛用していた二眼レフカメラです。
はっきりした製造年は分かりませんが、おそらく1950年頃と思います。

 

初期の頃のカメラの代表的な形で、上のレンズから入ってきた光をカメラの上から覗いてピントを合わせます。
下のレンズが撮影レンズとなります。

 

 

img_2683[1]

年代は不明、親戚から譲り受けたインスタントフィルムカメラです。

 

 

img_3730-2[1]

私が最初に手にしたフィルム式一眼レフカメラです。
大学の入学祝いに父からプレゼントされたカメラで、この頃テレビのコマーシャルでアサヒペンタックス

がよく放送されており、欲しかったカメラのひとつです。
この後デジタルカメラが出るまで、いちばんよく使ったカメラです。

 

 

img_2687-2[1]

私の兄が大学の入学祝いに父からプレゼントされたカメラです。
デジタルカメラが出てきて、もう使わないというのでもらいました。

 

 

img_2692-2[1]

ペンタックスと同時期頃のミノルタのフィルム式一眼レフカメラです。
不要とのことで、親戚からもらいました。
この頃のフィルム式一眼レフカメラは、形、機構、操作ボタン等はほとんど一緒みたいです。

 

 

img_2695-2[1]

1978年に発売された キャノン A-1 フィルム式一眼レフカメラです。
父と母が愛用していたカメラです。

 

 

img_2684-2[1]

母から譲り受けたカメラ用品の中からみつけたカメラです。
KODAK製のディスクカメラです。
1982年製で、円盤状のディスクの周囲にある15枚のコマに記録するようになっています。

 

 

img_2697-2[1]

キャノン A-1の後継機として1986年に発売された T90です。
このカメラも母が長年愛用していたフィルム式一眼レフカメラです。

 

後でいろいろ調べて分かったことなのですが、発売当時はとても話題になったカメラのようです。
デザインもこれまでの一眼レフとはだいぶ変わっています。

 

 

img_2707-2[1]

私が最初に購入したデジタル一眼レフカメラ ソニーα200です。
画素数も1000万ちょっとしかありませんが、デジタル一眼レフカメラが欲しくて、安かったので即決で買いました。

 

このカメラでいろいろデジタルカメラの撮り方を勉強しました。

 

 

img_2715-2[1]

コンパクトデジタルカメラは仕事や遊びでも今までに何台か使いましたが、一番最近買ったキヤノン PowerShotSX210ISです。

 

画素数は1400万で、購入当時のコンパクトデジタルカメラの中では多いほうでした。
現在は、家内のお出かけのときの友となっています。

 

 

583c3716-2[1]

今まで使っていたソニーα200では、機能面で不満があり、キヤノン製品が欲しく、新製品の発売予定もうわさされていたのですが、当時の中級機で欲しかったので待てずに買ってしまったキヤノンEOS50Dです。
この後すぐに7Dが発売されました。

 

 

img_2700-2[1]

デジタルカメラを購入するときはいつも、「これが最後だ」と思いながら買うのですが、やはり新製品のより進化した機能を見ると欲しくなってしまいます。

 

完全にメーカーの戦略に乗っけられている感じです。
たぶんこれが最後の購入と言い聞かせつつ大枚をはたいて購入したキヤノンEOS5DMarkⅢです。

 

 

img_2711-2[1]

カメラ以外に私の趣味の一つに山登りがあるのですが、山登りの時にも当然カメラを持っていきますが、重装備での登山の場合は、一眼レフカメラ本体に交換レンズ2~3本持っていくのですが重量がかなりの負担になります。

 

なにか良いカメラはないかと探していて購入したカメラです。
キヤノンのPowerShot SX50 HS です。

 

レンズ交換なしで、光学ズームとデジタルズームを合わせた範囲が35mmフィルム換算で、24~1200mmという驚異の望遠機能にほれて購入しました。

 

最高の望遠までもっていくとさすがに画像の粗さが目立ちますが、これ1台で全てが可能で、非常に軽量ですので登山などで重量的に厳しいときはこれを持って行っています。

あなたもプロのカメラマンによる一眼レフカメラ上達講座を受けてみませんか。

わずか3ステップで写真が上手くなる「一眼レフカメラ上達講座」を受講してみませんか。
あるコツをつかめば、ただの写真が「感動の一枚」に生まれ変わります。

Step1 見る : 動画でカメラの設定や機能など、プロの撮り方を分かりやすく見られます。
Step2 知る : ワンランク上の設定方法など、よりカメラに詳しくなれる知識を学べます。
Step3 撮る : 実際にプロの設定を真似して撮ってみます。

たったこれだけです。

シンプルなこの3つのステップを、自宅で好きな時間に取り組めば、あなたのカメラの腕前はグングン上達していくのです。


カメラ上達講座 第1弾 基本編 人物撮影編
人を撮るポイント、ワンランク上の写真を撮るための方法をお伝えします。

カメラ上達講座 第2弾 応用編 風景撮影編
目の前の感動的な景色をそのまま写真に残すための方法を、丁寧に解説していきます。

カメラ上達講座 第3弾 芸術編 物、花撮影編
室内での窓から差す光で、グラスをキラキラさせる撮り方や、花を活き活きと撮影する方法など、ノウハウ満載の内容です。


あなたも、そして全ての方も、子どもさんやお孫さんの成長を素敵な一枚に残したいと思っているでしょう。

また、旅先の素晴らしい風景や、ちょっとした日常の一コマなど、自分の感動を写真に残したいと思うでしょう。

撮りたい瞬間に、撮りたいように撮る。

言葉にするのはカンタンですが、それを実際にやろうとすると、やはりある程度の知識やノウハウが必要になりす。


この講座では、プロのカメラマンが経験と実績に基づいて解説してくれます。

あなたも、人を感動させる一枚を撮れるようになります。

詳しい内容は、下記からご覧になれます。
 ↓           ↓

一眼レフカメラ上達講座
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
カメラ通販






中古カメラ
楽天
amazon
メタ情報